top of page
  • 田島 麻実

♪小金井市ピアノ教室♪受験勉強とピアノを両立!中学校生活最後の合唱伴奏


先日、受験勉強で大変な中、中学校生活最後の合唱曲の伴奏に挑戦し、

クラスで銀賞を受賞されました!おめでとうございます!!

向上心が高く、部活動のテニスや受験勉強、そしてピアノまでもこなしてしまう彼女は、

まさに文武両道を実践する努力家です。


そんな彼女に、これまでのピアノ人生や合唱伴奏の経験を振り返って得たものなど

講師田島から凛々さんに独占インタビュ-をさせて頂きました♪

 

――ピアノを始めたのは何歳からですか?


年少さんからです。最初はリトミックから始めて、その後ピアノを本格的に習い始めました。11年続けています。


――これまでピアノを通してどんな挑戦をしてきましたか?


小学生の頃は、1年生から6年生までピアノコンク-ルに挑戦してきました。

合唱伴奏も毎年、引き受けてきました。


――コンク-ルに合唱の伴奏にと、積極的にピアノと向き合い練習を重ねてきたのですね!

今年は高校受験を控えての合唱伴奏。受験勉強とピアノの両立はどうでしたか?


難しかったです。勉強で精一杯で、レッスンの前に少し練習して…といった感じで

あまり練習時間が取れませんでしたが、少しずつ練習をして本番までには綺麗に弾けるようになりました。 ――伴奏したのは合唱曲の中でも人気の高い「大地讃頌」でしたね!

どんなところに気を付けて練習をしましたか?


特にピアノのソロ部分では、右手に隠れたテ-マを良く出すように心がけ

強弱をしっかりとつけたメリハリのある立体的な演奏が出来るように気を付けました。

またみんなが歌いやすいように安定したテンポでの演奏を心掛けました。


――本番はどうでしたか?

本番前はとても緊張していて、弾く前まで楽譜を見ながら、指を動かしたりして落ち着かなかったのですが、いざ本番が始まると緊張はなくなり、練習の成果を発揮出来て悔いのない演奏が出来たと思います! ――クラスで銀賞を受賞されて本当に良かったですね!おめでとうございます!

受験勉強で忙しい中、伴奏に取り組んだ事を振り返って、自身の成長を感じたり、何か「気付き」はありましたか?


ピアノはソロで演奏する事が多かったですが、伴奏を通して、みんなで1つの音楽を作る楽しさを学びました。 ――みんなで音楽を作り上げる経験は、凛々さんの今後のピアノのソロ演奏にも活かしていけそうですね!今後はピアノとどう向き合っていきますか?


有名な曲だったり、どんな曲でも自由にある程度弾けるようになりたいです。

楽しくゆるく続けて行けたら良いな~って思います。


 

長い人生においては、受験や就職など、人生の試練でもある岐路に立たされる事があります。そんなときは、ピアノや音楽どころではなくなってしまうのが一般的でしょう。

しかし、それを乗り越えれば、再び音楽と向き合える時間的、精神的余裕が出てくる時が必ず訪れます。そんな時、ふと「また、ピアノ弾きたいな…」なんて思ったりするものです。


「楽しくゆるく続けて行けたら良いな~」と答えてくれた凛々さんは、既にピアノが生涯の友となっている事が分かります。これも小さい頃から一生懸命に続けてきた様々な努力の賜物だと思います。


ピアノを弾く事は、とても難しい事で、努力なくして弾けるようになるものではないです。

しかし、練習を積み重ねて、1回1回のステ-ジを本気で取り組み、時には恥をかきながら、それでも正面から向き合ってこそ、ピアノを演奏する本当の楽しさを知る事になると思います。

それを知ってしまったら、一生ピアノを辞める事はないと私は思います。

ブランクがあっても、必ずまたピアノという友のところに会いに戻ってくることでしょう。


凛々さんの受験の成功を祈っています!!

 

小金井市東町、新小金井駅徒歩3分のピアノ教室・音楽教室


音楽やピアノを弾く事が好き、レッスンを受けるのも好き、練習する事も好き、

舞台で演奏する事も大好きな生徒さん大歓迎です♪一緒に楽しくレッスンしていきましょう!音楽のある豊かで彩りある生活をしてみませんか?

ほか、ボイトレも行っております。


ル・レ-ヴピアノ教室では、無料体験レッスンを行っております。

是非、お気軽にお問合せください♪


体験レッスン問い合わせフォ-ムはこちら

お電話・メ-ルでも受け付けております!

電話:090-8840-1778

メ-ル:info@lerevepiano.com



閲覧数:13回0件のコメント
bottom of page